IPADレジスターのドロアを探して駆けずり回った

IPADとアプリを使ったレジスターがあると、少し前に近所にできたカフェに入るまで私は知らなかった。

IPADのレジスターは新鮮で格好良かった。

スタイリッシュ、オシャレ、アヴァンギャルドといったカタカナ文字がいくつか浮かんできた。

その日の夜、私はベッドの布団の中で、カフェで見たIPADのレジスターのことを考えていた。

「ああいうレジスターを導入すれば、うちの店もいくらかオシャレに見えるのかな」と私は考えていたのだ。

暫くして、これまで利用してきたレジスターのリース契約がもうすぐ切れることが分かったので、IPADのレジスターを導入することにした。

インターネットでプリンタやIPADのスタンドを見つけて購入した。

だけどなかなか、良いドロアを見つけることができずにいた。

少し迷ったのだが、私はIPADレジスターを検討するきっかけになった近所のカフェに行ってドロアをどこで購入したのか訊いてみた。

「自分ではわからない」とカフェのスタッフは答えた。

オーナーはそのとき店舗に来ていなかったので、私は店の中で待つことにした。

たぶん30分ほどで来るということだったが、なかなかオーナーはやってこなくて、私は紅茶を追加注文して待った。

紅茶は熱くてさっぱりとした味がした。

その後、私は目当てのドロアを無事に手に入れることができた。